踵接地の評価方法!歩行周期で分ける歩行分析について

2018年9月3日

患者さんの歩行を評価しようとしても、眺めて終わってしまうという皆様、こんばんは。

歩行は、ある程度パターン化されているものの、瞬間的に変化する動作のため、評価を進めるのは大変ですね。

そのため、歩行を評価する時には、歩行周期の中から、着目したい1つの相を抜き取ります。

そこで今日は、歩行の開始とされやすい、踵が着いた瞬間、いわゆる踵接地について、解説していきたいと思います。

<スポンサーリンク>

踵接地とは

歩行は、8つの相に分けて観察していくのが一般的です。その際に、踵が着いた瞬間を開始とする方が多いと思います。

踵接地は、文字通り、踵が床に着いた瞬間を指す言葉ですが、皆さんご存知の通り、その他にも色々な言い方がありますよね。

 ・ヒールコンタクト

 ・ヒールストライク

 ・イニシャルコンタクト
  (Initial Contact:IC)

最後のイニシャルコンタクトは、日本語に直訳すると「初期接地」になります。

歩行では、必ずしも踵から接地するとは限りませんので、1番最初に床と触れた瞬間を指す、イニシャルコンタクトを使うのが便利だと思います。

踵接地の評価方法

接地した瞬間を評価

この相は、一瞬で終わってしまいます。

初期接地が起こった瞬間を、1枚の写真として捉えることになります。そこで、この瞬間で集めて欲しい情報を挙げてみました。

どこから接地したか

先程も書きましたが、まずは、初期接地の場所をシンプルに観察しましょう。

大きく分けると、つま先接地、足底全面接地、踵接地の3パターンになります。

左は踵からだけど、右は足底全面で接地していた、なんて場合も考えられますね。

関節角度について

踵から接地する場合、何となく足関節を目一杯、背屈させているようなイメージがありませんか?

実は、ほとんどが底背屈中間位で、背屈しても、せいぜい5度程度です。その反対に、つま先から着くのであれば、足関節は底屈位になっているはずです。

シャッターチャンスは一瞬です。その瞬間の関節角度を、肉眼で捉える練習を積みましょう。

筋活動の確認

ボールを床に投げつけると、当然ですが、床反力により跳ね返ってきます。

これと一緒で、踵が床に着けば、同じ力の大きさで反発が生じます。

この時、踵がボールのようにバウンドしないためには、股関節の伸展筋群に働いてもらう必要があります。

よって、踵接地では、床に踵を押し付けるため、大殿筋が活動してくれているはずです。

触知する場所は、坐骨結節から拳1個分ほど上あたりです。試しに、自分の大殿筋を指をしっかりと押し込み、そのまま踵から接地するように歩いてみて下さい。

踵がつく瞬間に、ググっと収縮が入るのが分かるかと思います。

この触知では、踵が跳ねないための活動と、収縮タイミングに異常がないかを確認します。

実は、歩行における大殿筋の役割は、この一瞬だけで終わりです。唯一の見せ場ですので、踵接地を評価する際には、大殿筋の活躍を確認してあげて下さいね。

<スポンサーリンク>

踵接地ができない場合は

踵から着くよう指示する

初期接地が、つま先だったからといって、すぐに可動域や筋力の低下と結びつけてはいけません。

まずは、本人が意識しているのかを確認し、口頭指示や見本を提示することで、踵からつくように促してみましょう。

 踵からつけない or 踵からつかない

まずは、この1/2を確認しましょう!

もしも、口頭指示により、1回でも踵から着いたのであれば、可動域低下、筋力低下、深部感覚低下などの原因は否定されます。

反対に、意識して踵からの接地が困難であれば、そこで初めて、可動域や筋力の検査に移ります。

この、たったひと手間を実施するだけで、大幅に時間が短縮されますね。

最大能力の確認

もう1つの方法としては、平行棒を掴ませた状態で、踵から着くように指示します。

その理由は、踵から着く準備が必要かどうかを見極めるためです。

遊脚期でスウィングした下肢を、ぴったりと踵から床に着地するためには、残った片脚でバランスを取り続ける必要があります。

その能力が不足していると、その着地の準備が間に合わないことがあります。その影響を取り除くため、平行棒を掴ませるのですね。

なぜできないの?というよりも、どうやったらできるの?という視点で、評価を進めていくクセをつけていきましょう!

踵接地の役割

それでは最後に、なぜ踵接地をするのか?という、この相の役割を説明します。

ちょっと、飛行機の着陸を見て下さい。

滑走路に着陸する飛行機は、必ず後方の車輪から接地しますよね。これにより衝撃を分散させ、吸収しているのです。

人間の歩行も一緒で、踵から接地することで、衝撃を最小限にすることが可能になります。

それだけではなく、推進力を効率良く作り出すための役割もあるのですが、その話は、次の相で詳しく説明しておりますので、

こちらで、ご確認下さい。

おわりに

さて、歩行周期の始まりである、踵接地の評価ポイントを解説させて頂きました。

歩行分析で、何から手を付けていけばよいのか悩んでいる方は、上記したポイントに着目してみてはいかがでしょうか。

最終的には、8つの相をつなげて評価していくことになりますが、まずは、踵接地を評価できるようにしていきましょう!

それでは今日はこの辺りで、アドュー!

<スポンサーリンク>