立ち上がり動作の訓練!離殿相を鍛えて恐怖心を取り除く

2018年9月3日

立ち上がりを観察していても、うっかり離殿相を見過ごしてしまう皆様、おはようございます。

本日は、離殿相に着目していきます。

この相は、一瞬で通り過ぎるため、

 何が起こっているの?

 何を評価すればいいの?

と、具体的な観察ができていない人も、多いかと思います。でも実は、関節運動や筋活動など、評価するところはたくさんあるのですね。

それでは、解説に移ります。

<スポンサーリンク>

離殿相とは

離殿相の動きは、少ないかもしれませんが、

こうやって比較してみると、下腿が前傾することで、膝は前に移動しているのが解ります。

スキーブーツなどで、足首が固定されると、立ち上がりが大変なのは、この足関節の動きが、封じられてしまうからなんですね。

離殿相の役割

離殿相では、支持基底面が足部だけに変化します。その不安定の中、しっかりと下肢で荷重を受け止め、伸展相につなげるという役割を持っています。

全体重+重力を制御するので、ここでの失敗は、立ち上がりの失敗につながりやすいです。

荷重が上手く下肢へ移動できなければ、お尻は座面に落下してしまい、立ち上がりは失敗となります。

反対に下肢へ荷重を移動し過ぎれば、前方へバランスを崩したり、膝が折れて、転倒したりといったリスクにつながります。

やはり、真ん中の相だけあって、離殿相は負担が大きいですね。

関節運動について

屈曲相では、股関節を中心軸として、屈曲運動が起こっていましたが、

離殿相では、関節軸が股関節から足関節に変わり、足関節の背屈運動が起こっています。

このような動きにより、臀部から下肢へ、しっかりと荷重を受け止めているのですね。足関節の背屈運動により、衝撃のパワーを吸収することが必要不可欠なんですね。

筋活動について

離殿した時、下肢で荷重を受け止められなければ、膝が折れて転倒します。そのため、離殿する直前には、大腿四頭筋が活動し始めます。

ちょっとお試し!

イスに座った状態から、太ももを触りながら、お辞儀をしてみて下さい。この動きは、屈曲相の動きですが、大腿四頭筋は活動していましたか?

恐らく、お辞儀をしただけでは、Quadは活動してくれないでしょう。

今度は、お辞儀した後、お尻を1mmだけ浮かせるつもりでやってみて下さい。お尻の下に、名刺1枚分のスペースを作るイメージです。

今度は、手にググっ!とした、Quadの収縮を感じ取れませんでしたか?

これがQuadの、正しい筋活動になります。

離殿する前には、大腿四頭筋が収縮を開始し、離殿後は遠心性収縮に切り換わることで、膝折れや臀部の落下を防ぎます。

また同じタイミングで、下腿三頭筋も遠心性収縮を始めます。

これは、下腿の前傾を止めるための活動で、ここが負けてしまうと、やはり膝折れ転倒に繋がってしまいます。

筋力もそうですが、活動するタイミングに遅れはないのか、遠心性収縮が、円滑に行われているのか、総合的に分析していって欲しいと思います。

<スポンサーリンク>

離殿相が弱いと

離殿相で必要な機能が不足していると、屈曲相や伸展相にも影響がでます。

自信がある場合と、恐怖心がある場合では、動作のパフォーマンスが変化するのは当然です。

もしも、断崖絶壁に置かれたイスから、立ち上がるとしたらどうでしょう。

この状況で立ち上がるのであれば、きっと臀部に荷重を残したくなりますよね。

恐らく、ほとんどお辞儀をせず、のけ反るように、慎重に立ち上がると思います。

よって、離殿相で荷重を受け止める自信がない人は、屈曲相で荷重を前方へ移すことを、躊躇する可能性が高いといえます。

離殿直後に、立ち損ねて尻もちをついてしまう場合、ほとんどがこのケースだと思われます。

下肢へ荷重を移せないというよりは、移しても受け止める自信がないのですね。

下肢への荷重が不十分でも、筋力で強引に立ち上がることはできます。しかし、失敗した際には、骨折などのリスクがあるので、しっかりと、立ち上がれるようにしてあげたいですね。

離殿相の鍛え方

恐らくは、下肢で荷重することに、恐怖心があると思いますので、それを除去します。

テーブルや台などを正面に置き、手を使って下肢へ荷重させます。最初は、上肢でしっかり支えてもらい、膝が前方へ移動する感触、下腿が前傾する感覚を掴んでもらいます。

台に手を置くことで、体幹も前傾姿勢になるので、

 離殿する=下肢へ荷重が乗る

といった、効率の良い訓練になります。動作を反復させることで、力の入れ方、筋活動のタイミングなど、 徐々に掴めると思います。

多少強引ですが、後ろから骨盤や膝窩を押して、強引に下腿を前傾させたりもします。

出したい筋活動が、本当に出せないのか、出すのを躊躇っているのか、これは必ずチェックしておいて下さい。

徐々に慣れてきたら、台を取っ払ってみましょう。

台はもう無いけど、あると思って、手で支えるように、立ち上がってみましょう!このようにして、学習効果が出ているのか、確認してみましょう。

もしも、このような訓練で、すんなりと下肢へ荷重が移せるのであれば、最初っから、筋力や可動域は関係なかったと考察できますね。

恐怖心を取り除く訓練により、元々あった能力を最大限に引き出せた!ということになります。

これが、動作訓練の本当の役割なんじゃないでしょうか!

個人的に、私はそう思っています。

おわりに

やはり、離殿相は、瞬間的に通り過ぎてしまうので、分析するのは難しいですね。

しかし、今回のお話で、以外に観察すること、分析することがあるんだな!と、少しでも興味が出てくれたら幸いです。

動作分析においては、隣り合う相との関係を観るのが基本です。離殿相を分析しつつ、屈曲相や伸展相のことも考えなくてはダメなのです。

こちらも併せてどうぞ!

その上で、関節運動や筋活動といった、運動学的な考察を交えて分析できるよう、頑張って頂きたいと思います。

それでは今日はこの辺りで、アドュー!

<スポンサーリンク>