伸展相の動作分析!立ち上がり動作でバランスを評価する

2018年8月30日

立ち上がり動作の評価って、離臀相までで、後は立つだけでしょ?と、お考えの皆様、おはようございます。

本日は、立ち上がり動作の〆、伸展相です。

屈曲相や離殿相で、立ち上がる準備がしっかりできていない場合、この伸展相で、全てを調整することになります。

そこで今回は、バランスの評価を交えながら、この伸展相について解説していきたいと思います。

<スポンサーリンク>

伸展相とは

離殿相では、荷重を受け止めるため、屈曲運動が主となっています。

荷重が受け止められたのを確認した後、それを伸展方向に切り返すという、結構、大変な相になります。

屈曲相、離殿相では、重い頭を前方へ振り出すことで、お尻が持ち上がります。

今度は、その頭を上方へ運ぶため、頸部、体幹、下肢の各関節が、協調して伸展することで、立位になるのですね。

伸展相の役割

伸展相の終了=立位姿勢、となります。

そのため、伸展相の役割は、目的の立位を取るということになります。

立ち上がる目的が、安定した立位保持を取るためであれば、足部の支持基底面中央に、重心を運びます。

しかし、立ち上がって歩き出すことが目的であれば、前方かつ立脚側へ荷重を移しながら、伸展運動を行います。

よって、立ち上がる目的によって、伸展相の役割は変わってくるのですね。

だから、何のために、立ち上がり動作を評価するのか、しっかりと方向性が決まっていなければ、伸展相の分析も進まないのですね。

伸展相とバランス能力

伸展相は、離殿相が終わった時の姿勢から始まります。ですので開始肢位は、その時になってみないと分からないのです。

では、バラバラの開始位置から、安定した立位を取るために、必要なバランス能力について、解説していきます。

つま先荷重優位の場合

離殿相で荷重を受け止めた際、つま先荷重優位、もしくは踵荷重優位のケースがあります。

つま先に、荷重が乗り過ぎている場合、そのまま伸展運動をすると、前方へバランスを崩します。

これを防ぐためには、体幹から伸展運動を始め、いち早く頭部を後方へ移動する必要があります。

イメージ的には、上方の関節から伸展運動を開始する感じです。頭がしっかりと後方へ移動してから、股関節、膝関節、足関節と伸展運動が始まると、良い立ち上がりになると思われます。

踵荷重優位の場合

離殿相で踵に荷重が残っている場合、やはり下肢と体幹を同時に伸展すると、100%後方へ倒れます。

頭という重りを支えるため、上肢を前方へ振り上げたり、背屈反応などが出現するでしょう。

このような場合、体幹と股関節は屈曲位を保持したまま、一旦、膝関節だけ伸展し、頭を前に出させます。

先程とは反対に、下方の関節から伸展運動が始まるイメージですね。

頭部の重さを利用し、一度、つま先へ荷重を移動させながら、遅れて体幹、頸部と伸展運動が続くと、きっと上手に立ち上がれるでしょう。

<スポンサーリンク>

判断力と対応力

伸展相では、始まりの条件が毎回、変化することが解って頂けたと思います。

例えば、ブレーキを掛けている電車では、身体が斜めになりながら、立ち上がる必要があります。

狭いトイレなどで、壁が目の前にある場合、踵に荷重を残しつつ、強引に立たなくてはいけません。

どんな条件であろうと、最後は、きっちりと安定した立位にするのが、伸展相の役目です。

当然、バランス能力も重要ですが、

どのように安定した立位姿勢にするか?

という判断力とその対応力が求められます。

そのための練習としては、楔(くさび)型の板を使って、立ち上がり動作の中でも、特に伸展相を鍛えると良いでしょう。

方法は、床面と足底面の間に楔状板を入れて、つま先荷重、踵荷重、どちらの立ち上がりもできるよう鍛えましょう。

我々は、普段、何も意識しなくてもできますが、そうではない方には、環境作りが重要です。

どのような環境でも立ち上がれることが、正常な動作の条件になりますので、前額面、矢状面から、色々な立ち上がりを評価、訓練できるようになって欲しいと思います。

おわりに

屈曲相、離殿相、伸展相、せっかく3相に分けているのですから、各相で様々な条件や環境を変化させ、その反応を観たり、隣り合った相との関連性に着目してみて下さい。

もしかしたら、着目している相を間違えているかもしれませんよ!

相と相の繋がりを、荷重や支持基底面から考察し、様々な条件下で立ち上がりを観察していきましょう!

それでは今日はこの辺りで、アドュー!

<スポンサーリンク>