パーキンソン病の不随意運動!振戦とジスキネジアについて

2018年8月30日

繊細な作業が苦手で、集中すると、手がプルプル振えてしまうという皆様、こんにちは。

本日は、不随意運動についてお話していきます。

中でも、振戦はパーキンソン病の四大徴候であり、診断に用いられるほど、有名な徴候です。

国家試験の出題頻度が高いので、リハビリ職を目指している学生さんにも、分かりやすい解説を心がけたいと思います。

<スポンサーリンク>

不随意運動とは

不随意運動は、文字通り「意図しない動き」が出現する、錘体外路徴候のひとつです。

身体が勝手に動くと、周囲の目が気になるので、QOLを大きく低下させます。

まずは、この徴候を理解していきましょう。

不随運動が起こる原因

神経伝達物質であるドーパミンが不足すると、ガソリンが切れた車のように、動けなくなります。

反対に、血中のドーパミン濃度が過剰になると、動きたくないのに、動いてしまいます。

これは、L-dopaの長期および、大量の服薬時に出現しやすくなります。

不随意運動を止めようと、医師に相談せず、自己判断で服薬調整(飲む量や時間)をする人がいますが、絶対に止めましょう。

安静時振戦

振戦は、手指、足趾、手関節、下顎部などにみられる、3~5Hzの規則的な振えになります。

手指に出る場合、親指と人差し指の腹で、丸薬をこねるような動きになります。

動画のように、1秒間に4回ほど、こねてみて下さい。このリズムが振戦の特徴になります。

結構早いペースですが、これが1日中続くとなると、結構なストレスですよね。

振戦が片側にみられる場合、Hoehn-Yahrの重症度でⅠ度に分類されます。

両側に出現するとⅡ度になるので、両手足の観察をしていきましょう。

ジスキネジア

動きとしては、荒れた海で船に乗っているように、全身が前後、左右に揺れた状態になります。

振戦とは違い、規則性がなく、姿勢保持も難しい状況に陥ります。

ジスキネジアは、目立つし、疲れるため、患者さんから「何とかしてくれ!」と、訴えられることもあります。

身体の動きを、止めようと、汗だくになり、結果、体力を奪われてしまうのですね。

反対に、流れに逆らわず、身を任せる方が楽な場合もありますので、アドバイスしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

不随意運動の評価

振戦とジスキネジアは、共に不安感焦燥感など、メンタルに左右されます。

また努力性の高い動作や、痛みを我慢している時などにも、増強することが多く確認されます。

評価で確認しておきたい項目は、

・安静時と動作時の差

・不随意運動が強い時間帯の確認

・服薬時間との関係性

・入浴後など体温の変化による違い

・姿勢による不随運動の変化

といったところでしょうか。

もしも座位よりも、立位の方が不随意運動が少ないのであれば、立って食事をするなども視野に入れます。

ジスキネジアが強い方の中には、髪を切る時は、立ちながら切ってもらう方がいました。

お行儀が悪いかもしれませんが、必要に応じて、姿勢を変えるなどの対策をしてみて下さい。

不随意運動への対応

姿勢による変化を、しっかり評価することで、これらの徴候を、抑制できる可能性があります。

不随意運動が弱くなる姿勢、強くなる環境を試行錯誤し、把握しておくことが必要ですね。

・深呼吸させて呼吸のみに集中させる

・立位にしてあえて緊張感を与える

・側臥位で抱き枕を掴ませてみる

・テーブルにつっぷした座位を取らせる

・ベッドの足の部分をMAXまで上げる

接地面積を増やしてみたり、あえて不安定にさせてみたり、改善がみられる共通点を見つけてあげましょう。

経験上、1番効果が高かったのがこの姿勢です。さらに、深呼吸を促して、頭の中は、呼吸のことだけを考えるよう促しましょう。

おわりに

残念ながら運動療法だけでは、不随意運動を改善させることは、難しいでしょう。

不随意運動の特徴を把握し、環境調整および姿勢の工夫で、患者さんが少しでも安楽な状況を作ってあげることが、リハビリスタッフの介入方法なのかと思います。

あと注意して頂きたいのが、

 × ふずい運動

 〇 ふずいい運動 です。

早口言葉みたいで言いづらいですが、「い」が一個少ないだけで、全然、違う意味になりますね。

それでは今日はこの辺りで、アドュー!

<スポンサーリンク>