理学療法士が実施するストレッチ!腸腰筋と大腿四頭筋の伸ばし方

2018年8月30日

お盆中は、患者さんが少ないので、いつもよりゆったりしているセラピストの皆様、こんにちは。

リハビリでは、患者さんの筋をコントロールをするために、ストレッチを第1選択にする方も多いかと思います。

しかし、ROM-exと同様で、新人セラピストに対し、先輩が懇切丁寧に教えてくれる!といった環境は、珍しいそうです。

そこで今日は、実際に患者さんに実施している、下肢ストレッチの方法や注意点などを、お伝えしてみたいと思います。

<スポンサーリンク>

下肢のストレッチ

大腿四頭筋のストレッチ

膝の伸展筋群である大腿四頭筋(以下:Quad)は、普段の生活で、あまり伸長される機会がありません。

よって、高齢者では、Quadの伸張性低下は珍しくなく、膝の痛みに関与することもあります。

そこで、膝の解剖学、運動学を、少しだけ意識したストレッチをお伝えします。

まず、内側と外側の半月板の大きさを比べると、内側の方が大きい造りになっています。

このまま転がり運動をすれば、関節における構造上、内側と外側の差が生まれてしまいます。

例えば、左右でタイヤの大きさに差があれば、小さい側へ曲がって進んでしまいますね。

よって、Quadのストレッチは、

図のように、大腿と下腿が重なり合うのではなく、患者さんの踵が少し外側に外れる方向が良いと思われます。

もちろん、内側広筋や外側広筋を伸ばす場合には、股関節を内旋位、外旋位にして行います。

まぁ、基本はやや外側方面!と覚えて頂ければと思います。

大腿直筋優位のストレッチ

大腿四頭筋を構成する筋の中で、唯一、大腿直筋だけが二関節筋となっております。

股関節の屈曲と、膝関節の伸展に駆動する筋で、非常に重要な筋といえます。

例えば、図のように、膝を屈曲させると、大腿前面に伸長痛が出現する方がいたとします。

この時、臀部から踵までの距離を3横指、横拳1個分、縦拳1個分など、距離を測っておきます。

次に、股関節を伸展位にさせるため、正座したセラピストの大腿に、患者さんの大腿を乗せます。

この状態で、もう一度膝を屈曲させてみましょう。

この肢位だと、二関節筋である大腿直筋は、外側、内側、中間広筋よりも早く、ストレスを感じるため、先ほどよりも、伸張が強くなります。

ここで、痛みを誘発しない程度のストレッチを行います。

要するに上の図は、大腿直筋の単独ストレッチといえるでしょう。

大腿直筋が十分に伸長された後、大腿を降ろして、再度、膝関節を屈曲させていきます。

大腿直筋のストレッチ前と比較するため、最終域までの抵抗感や、臀部から踵までの距離を、再度確認してみましょう。

この時、先ほどよりも、楽に膝関節の屈曲が行えるのであれば、大腿直筋の伸張性低下が、膝関節の屈曲を阻害していたと判断できます。

このように、

 評価 治療 評価

いう、検証作業が非常に重要になります。

評価単独、治療単独では検証できませんので、常日頃から意識しておくべきだと思います。

<スポンサーリンク>

腸腰筋のストレッチ

続いて、股関節の屈筋群の中で、最も重要である、腸腰筋のストレッチになります。

側臥位でもできますが、オーソドックスな、伏臥位での方法を説明していきます。

セラピストは、まず片膝立ち位になり、ストレッチ側の大腿、もしくは骨盤を押さえこみます。

これは、骨盤が回転したり、浮き上がるのを防止するための固定になります。

反対の手は、大腿を包み込むように把持しますが、この時、肘関節は伸展位にしておきます。

また、患者さんの下腿が、自分の腕に寄り掛かるようにしておきましょう。

後は、もう腕の力は必要ありません。

固定した手を動かさないようにして、体重を前方へ移動させましょう。

それにより、患者さんの大腿は、股関節を軸に勝手に伸展してきます。

あくまでも、体重移動によるストレッチになります。

腕の力だけで持ち上げようとしても、きっと、プルプル震えてしまうだけですので、上肢の関節が動かないよう注意してみて下さい。

さて、お気づきの方もいるかと思いますが、このストレッチ…、

 膝関節屈曲位+股関節伸展運動

ということで、大腿直筋も一、緒にストレッチされているのですね。

もしも、腸腰筋だけを、シンプルにストレッチしたい場合には、患者さんの膝関節は、伸展位にさせる必要があります。

状況に応じて、使い分けて下さいね。

おわりに

ストレッチに関する書籍や動画は、多岐に渡って存在します。

そして理学療法士、作業療法士だけではなく、各トレーナー業務に携わる方も、実施するテクニックになります。

その方達との差別化を図るのであれば、やはり評価を織り込むという点が、セラピストの強みなのかなと思います。

ですので単純に「筋を伸長できればよい」ではなく、姿勢や動作などへの影響を意識して、生活面につなげていくことが必要ですね。

それでは今日はこの辺りで、アドュー!

<スポンサーリンク>