足底接地の歩行分析!荷重応答するために必要な筋活動とは

2018年9月3日

患者さんの歩行を、忍び足で追いかけながら、必死に観察をしている皆様、こんばんは。

今回のテーマは、歩行周期の足底接地です。

踵接地の解説では、初期接地の瞬間を、ピクチャーで捉えるようにお伝えましたが、この相では、踵接地から足底接地までを、運動で捉える必要があります。

それでは、着目する関節と筋活動を、運動学的に解説していきたいと思います。

<スポンサーリンク>

足底接地とは

この相は、足底全面が床に着くまでを指します。

別名は、ローディングレスポンス(LR)で、荷重応答期と呼ばれてます。

踵接地では荷重がまだ掛かっていないのに対し、足底接地では荷重が移動し始めます。

それでは、その辺りのメカニズムと、評価の進め方について解説していきましょう!

足底接地の評価方法

足関節で確認すること

この相では、何と言っても足関節に注目が集まります。関節運動や、筋活動、色々ありますので、1つずつ確認していきましょう。

底屈運動による衝撃吸収

踵接地の記事と同じ例えになりますが、、着陸する飛行機が、後輪から前輪の順番で接地するような動きになります。

踵で受けた力を、足関節の底屈運動で受け流すことで、衝撃を吸収してくれるのですね。

この動きは、ヒールロッカーと呼ばれるもので、踵を中心とした転がりの運動になります。

この相では、図のような優しい着地ができているか、足関節の運動を観察してみましょう。

前脛骨筋の遠心性収縮

ヒールローッカーの動きは、足関節の底屈運動でしたね。この底屈運動は、下腿三頭筋によるものではなく、重力と床反力により、底屈運動が起こされているものです。

そのため、ブレーキを掛ける目的で、前脛骨筋が遠心性収縮をしてくれます。この活動が、先ほどの優しい転がり運動を可能にしているのですね。

また、前脛骨筋が下腿を引っ張る事で、歩行に必要な推進力が生まれます。踵から接地し、転がり運動を起こすことは、歩行を効率化させますので、前脛骨筋の役割は、とても重要だということになりますね。

<スポンサーリンク>

荷重応答について

起立筋群の活動

足底接地では、両足で身体を支えてますが、この後、立脚中期では片脚支持となります。

両足で立っていたものが、突然、片脚になれば、当然倒れてしまいます。

そのため、本当に片脚を挙げて大丈夫?荷重を移してもいいの?と、準備ができたかを確認する必要があります。

その確認するべきことが、脊柱起立筋になります。反対の足が床から離れた時、当然、骨盤は遊脚側へ傾きます。

それを防ぐため、遊脚側の脊柱起立筋が活動し、柱が無くなる準備をします。

本当にそんなことが起こっているの?と不安になる方、ちょっと自分の起立筋群を触りながら歩いてみて下さい。

踵接地 ⇒ 足底接地の瞬間に、遊脚側の起立筋が活動していることが確認できると思いますよ。

この活動は荷重が抜けた際に、急激な骨盤の落下を抑えるための姿勢制御になります。重要な筋活動ですので、必ず触知して確認しましょう。

大腿四頭筋の活動

今度は、ズボンのポケットに手を入れて、自分の大腿前面を触知しながら歩いてみて下さい。

先程と同じく、踵接地 ⇒ 足底接地のタイミングで、Quadの活動が分かると思います。

この筋活動は、立脚側へ荷重が移った時、膝折れしないためのものになります。

詳細はこちらをご参照下さい!

足底接地の役割

この相では、荷重を移すための、準備をする役割があることが分かりました。

では、荷重応答を実現するための、確認項目をおさらいしましょう。

【確認項目
 ① 対側の起立筋が活動している

 ② 骨盤の落下が起きていない

 ③ Quadの活動が確認できる

最低でもこの3つは確認しておきましょう。

おわりに

前回の踵接地では、初期接地した場所と、大殿筋の活動を確認するようにお伝えしました。

この相では、起立筋群とQuadの活動、ヒールロッカーに着目してみて下さい。

そして、

踵接地では、「よし着地に成功した」

足底接地では、「荷重移動してもOK!」

という流れが、ちゃんとできているのかを評価して欲しいと思います。

さて、少しずつですが、歩行分析が形になってきました!この調子で、立脚中期まで進んで下さいね。

それでは今日はこの辺りで、アドュー!

<スポンサーリンク>